結婚式で貰って嬉しかった引き出物は『グルメのカタログギフト』

結婚式での引き出物、
渡す方もいただく方も何かと悩ましいものですよね。

食器なんかは重いし、
かと言ってキッチン雑貨も使わなかったりするし…。

というわけで、最近では定番化した
『カタログギフト』がやっぱり無難なのではないでしょうか。

特に私はグルメのカタログギフトをいただくと嬉しいです。

雑貨や食器のカタログギフトもありますが、
好みのものがなかったり、
既に揃えてあったりするので結局頼まずじまいになることも…。

その点、グルメは好きな食べ物を頼むだけだし、
形に残らなくて良いですよね。

スイーツから漬物、お惣菜、
お肉や海鮮などの定番の食材まで何でも揃ってるので、
選ぶのも楽しくて届くまでワクワク。

食べる楽しみもあるので、
やっぱりこれが一番嬉しいです。

万一忙しくて時間がなかったりして頼んだものが食べられなくても、
食べ物なら気軽に家族や友人にあげることもできるので、
使わない食器や雑貨を捨てるより心も痛まずに済みますよね。

ペアのグラスとカタログの引き出物が今までもらって嬉しかったです。

独身時代わたしもたくさんの結婚式に参加しました。

結婚式の楽しみの1つは引き出物ですよね。

袋の中には何が入っているんだろうと密かにわくわくしてしまいますね。

ただ、これすごくいい、
もらってとても嬉しかったと思える引き出物は正直2回ほどしかありません。

今日はその2つを紹介します。

1つはペアのグラスです。

グラスなんて家にいっぱいあるように思うかもしれませんが、
いずれ割れてしまったり、
汚れてしまったりするものです。

食器棚を見直す際に古いものと交換して、今も愛用しています。

真っ白い少し丈の高いグラスです。

温でも冷でもいける優れものでとても嬉しかったです。

2つ目に嬉しかったものはカタログです。

2回ほどカタログをもらったことがありますが、
その時に必要なもの、
欲しかったものを自分で自由に選ぶことができるので、
無駄がないと思います。

注文の期限も1年ほどあるので、
すぐに欲しいものがなくても、
必要なものが出てきた時に注文することができるので便利でした。

一番嬉しいのは食べ物!なかでも「かつお節」は使えますよ~

今まで、10回以上結婚式に出席しています。

引き出物で一番多いのは「ギフトカタログ」ですね。

自分で気に入った物を選べるし、
新郎新婦側としても何をあげようか悩まなくてもすみますしね。

それ以外で良かった物というと、
正直私は食べ物しか思いつきません。

お赤飯やかまぼこなどは定番ですよね。

新婦が母親と作ったというパウンドケーキをもらったこともあります。

お料理が上手な友人だったのでとても美味しくいただきました。

定番の引き出物の中で一番いいなあと思うのは、
意外と「かつおぶし」です。

だしを取ったりするわけではないのですが、
お好み焼きやたこ焼きに、
また豆腐ステーキなんかにもかつおぶしをかけると味が決まります。

「こんにゃくのおかか煮」なども美味しいです。

栄養もありますし。

とにかく、我が家のメニューには「かつおぶし」がかなりの頻度で登場するので、
一番嬉しいのです。

食べ物でも、普段使わないようなおしゃれな調味料やドレッシングだとなかなか使いきれません。

やっぱりシンプルに「かつおぶし」がいいなあと思います。

これは嬉しい!北欧っぽいディズニーのお皿5枚セット

昨年30代カップルの結婚式に出席しました。

その時の引き出物は、
北欧食器をイメージさせるポップな色使いのお皿のセットでした。

直径15センチほどで、
よく見るとディズニーのミッキーやドナルドがさりげなくついています。

家で使う食器はシンプルなものが多いですが、
明るい色使いの食器があると食卓が華やかになるなと思いました。

5枚とも絵柄が違うので、
お友達を呼んだ時などに重宝しそうです。

また式は遠方で宿泊しましたが、
お皿は後で送られてきました。

食器は重たいのでこの配慮は助かりました。

カタログギフトも最近は分厚いものが多いですが、
そのまま渡されることも多くかさばります。

種類は多くてもこれ!
と思うものがないこともあります。

ちなみに私の両親も出席していましたが、
両親には後日カタログギフトが贈られていました。

年代で分けるのは手間のかかる作業だと思いましたが好感が持てました。

食器は好みの問題もあるので難しいですが、
ある程度好みの分かる親しい友人なら嬉しいと思います。

とてもシンプルな小皿のセットがかなり使えて良かった

友人の結婚式の引き出物で、
クリーム色っぽい、シンプルな小皿をいただきました。

その小皿は、ふんわりと丸い形で、
同じものが4つセットになって入っていました。

絵や字は何も書いていないので、
どんな食材にも合うのでとても気に入っています。

ちょっと副菜を入れるのにもいいし、
しょうゆを入れて、お刺身などをつけるようにも使えるので、
私の家ではほぼ毎日食卓にのぼっています。

しかも、かなりつくりがしっかりしているものなので、
ちょっと落としてしまった時にも割れずに、
長く使えるなと思っています。

やはり、文字(特に新郎新婦の名前)が入っているものは使いづらく、
押入れの奥にしまってださなくなってしまうことが多いので、
なるべくシンプルで、何にでも使えるようなお皿やコップが一番いいと思います。

キャラクター物も好き嫌いがあるし、
グラスとかは割れてしまいそうで使うのをためらってしまうことがあるので、
しっかりしたものがいいですね。

結婚式の引き出物で貰って一番嬉しかったものはバターケース!

今まで色々な結婚式に参列し、
その度引き出物を頂きましたが、
中でも貰って一番良かった引き出物がバターケースです。

バターケースとは、
ホーロー製やガラス製、
木製で出来た名前通りバターを入れておくケースです。

引き出物を開けた時、
四角い形のケースが入っていたのでタッパーかな?と思いましたが、
実はそれがバターケースでした。

料理やパンに使うバターは、
我が家では1回分を毎回ナイフでカットしていました。

ナイフが汚れるし、
冷蔵庫から出している間バターは溶けるし大変でした。

そこで頂いたバターケースを説明書にそって使ってみると、
すごく便利だったのです。

バターを購入したら、ナイフですべて使う大きさにカットします。

カットしたバターをバターケースにすぽっと入れて冷蔵庫で保存します。

こうすることで、料理やパンに使いたい時は冷蔵庫からバターケースを出して、
使う分をすぐに取り出せるのです。

これは驚きでした。

バターは紙箱に入れておくと冷蔵庫内の匂いが移りやすいですが、
バターケースはふた付きなので匂い移りもなく、
型崩れもありません。

そしてバターケースはシンプルながら色々なデザインがあるのでどのケースもおしゃれで、
冷蔵庫内にもすっきり収まり、
こんなに使い勝手が良い引き出物は初めてでした。

バターナイフ付きのバターケースをプレゼントしてくれた友人夫婦にとても感謝しています。

多機能な防災用のラジオライトはまさかの時のために助かります

私が今までいただいた結婚式の引き出物で、
いただいてよかったと思うものは、
多機能な防災用のラジオライトです。

近年地震や洪水など多くの自然被害が起きています。

そんなまさかの時に非常に助かるアイテムだと思います。

電池や電源などがなくても使える手動式のこの引き出物は、
ラジオだけでなく懐中電灯の役割も果たしてくれます。

それだけでなく、携帯電話の充電機能も兼ね備えており、
まさかの時のために以前から準備したいと思いつつも、
なかなかそのまさかのために準備できていないものでした。

この引き出物を贈ってくれた新郎の実家は、
東北での2011年の震災で被害を受けたそうで、
その経験からこのような引き出物を考えたそうです。

普段は使わないものですが、
この引き出物をいただいたことによって
我が家の防災意識は高まりましたし、
新郎の話を聞いているうちに
引き出物に秘めた思いを感じて胸が熱くなりました。

こういったバックグランドを背負った引き出物ですし、
私も防災意識を持ちつつ愛用させていただきたいと思いました。